Molrey    現代陰謀論   (基礎編)

*後に書く記事が下になるように     日付をいじってます。

Morley現代陰謀論(基礎編)と陰謀新聞始めます。

 

 こちらは現代陰謀論(基礎編)となります。

 

 

日本から世界を見ていく陰謀論を展開していきます。

 

陰謀論は今や現実のものになっています。

私の周辺の人たちは世間的には知的な人が多いのですが、知的な人ほど知識に自信があり、悟っているかのような言い方をします。

先日、上司に「安倍さん、頑張っているよね。」と言われ、さすがに「馬鹿認定」をしたと共に、なぜこの「知的」な連中ほど「馬鹿」なのか、と考えさせられました。

 

彼らは新聞を読むことが知的な表れ、NHKが世界最高峰の知的財産であるかのように話すのです。では新聞とNHKの歴史からぶった切っていきましょう。

 

新聞の歴史

新聞の歴史をみてみましょう。

江戸時代以前~

日本における新聞の始まりは、江戸時代以前から存在していた「瓦版」とされています。木版を用いて紙に刷られた瓦版には、天変地異や大火、心中といった事件などの速報記事が書かれていました。街頭で大きな声で読みながら売り歩かれていたので「読み売り」とも呼ばれ、江戸時代後期には庶民にとって大変身近なメディアでした。

 

明治初期~

近代的なジャーナリズムとしての新聞が日本に登場するのは、幕末の黒船来航の頃から明治初期のことです。当時の新聞は事件の報道よりも論説中心で、大まかに、インテリ層向けで政治を論じた「大新聞(おおしんぶん)」と、大衆向けで娯楽中心の「小新聞(こしんぶん)」に分かれていました。小新聞の版型と値段は大新聞の約半分で、今でいうタブロイド判程度の大きさでした。現在の一般紙大手の読売、朝日は、いずれも小新聞の系譜です。大新聞は、政府に肩入れした御用新聞、政府を徹底批判する反権力の新聞がありました。小新聞は後発でしたが、政治に対して風刺をきかせ、庶民に親しみやすいさまざまな事柄を扱ったため、大新聞に比べて良く売れていました。そういった状況から大新聞も小新聞のような肩の凝らない話題を載せるようになり、また小新聞も社会状況を庶民に分かりやすく伝える論説記事を拡充したため、両者は近づき、この分類も徐々になくなりました。

日本最初の日本語の日刊新聞は京浜地区で1870年(明治3年)に創刊された、横浜毎日新聞という大新聞です。その後、東京日日新聞、郵便報知新聞、朝野新聞などが次々と創刊されました。これらはすべて大新聞で、小新聞としては読売新聞が1874年にその産声をあげ、以降、朝日新聞などが発行されました。

論説が中心だった大新聞・小新聞の時代を経て、現在のような事実報道へと変貌したきっかけは、1904年の日露戦争です。新聞を手にした庶民は、家庭にいながら戦地のようすを知ることができることに興奮しました。そして1905年、賠償金が獲得できなかったポーツマス講和の小村寿太郎外相の外交にはたいそう憤慨し、講和賛成を唱えた国民新聞社や内務大臣官邸を襲う「日比谷焼打事件」が起こりました。このころから、国内外や一般社会で「いま何が起きているか」を正しく迅速に伝える事実報道のスタイルが定着していきました。

 

第二次世界大戦後~

第二次大戦後は、日本国憲法の制定により「表現の自由」が認められ、現在の新聞のスタイルへと変わりました。現在、日本の新聞の発行部数は諸外国の中でも大変多く、新聞社ごとの発行部数ランキングでは、読売新聞が世界一位(データ出典/『世界新聞協会(WAN-IFRA)』)となっています。朝日毎日日経なども世界の上位の常連となっており、日本は「新聞王国」と呼ばれるほど発展を遂げました。

 

読売新聞について

 ではなぜ読売新聞が世界一位の発行部数なのでしょうか?

びっくりするくらい「馬鹿」な理由です。

戦後の庶民は知的だったのでしょうか?

残念ですが、「NO」ですね。

庶民の関心は「読売巨人軍が勝ったかどうか」。仕事中の話題も「巨人が勝った」仕事の交渉も「昨日巨人が勝ちましたね。」右肩上がりの時代は何をやっても売れます。会社同士も巨人の話題で心開いたら交渉がうまくいく時代でした。

読売新聞は巨人に関するページが多かったので一番買われたのでした。

では、政治、経済の欄はどうかというとめちゃめちゃレベルが低いです。

難しいと庶民には理解できないからです。

現在も「発行部数は世界トップ」です。

発行部数は。

今若者は新聞を買いません。私も買ったことがありません。そんな時代です。

上辺だけの発行部数だけ。刷るだけ刷って捨てています。

 

読売新聞の歴史

1874年 

合名会社日就社」から「讀賣新聞」創刊。初代社長は岐阜県出身の子安峻。創刊号は表裏2ページ[8]。創刊当時は1日おき発行の隔日刊紙で、漢字によみがなを振った画期的な庶民のための新聞だった。創刊号の発行部数は約200部で、実売は半分にも満たなかった。

1924年

関東大震災後の経営難から、前警視庁警務部長、後の衆議院議員正力松太郎が買収。正力の社長就任で今日に至る読売新聞発展の基礎を築いた。

1934年

大日本東京野球倶楽部(現・読売ジャイアンツ)創設。部数拡大に大きく貢献する。

1945年

11月12日 「漢字を廃止せよ」との社説を掲載し漢字廃止(国語国字問題参照)を推進。

正力松太郎社長がA級戦犯容疑で逮捕。巣鴨拘置所に収容される(1947年不起訴で釈放後公職追放)。

1953年

読売新聞社などの出資による日本初の民間テレビ局・日本テレビ放送網が本放送を開始。

1955年

正力松太郎の命令により、原発導入を図るため大キャンペーンを展開開始。

 

読売一つ見てもA級戦犯GHQとの何かの取引で巣鴨拘置所から解放され、今の読売、日テレの基礎基盤を作ったのが分かります。

こんなの見て振り回されている日本人。残念です。

NHKをぶった切る

youtu.be

立花孝志さんの本当の狙いが何なのかは分かりませんが、ここで話されている内容には間違いはなさそうです。

この人が国会議員になる狙いは分かりませんが、

賢い人が大好きなこのNHK、本当に信用していいものなのでしょうか?

 

NHK(NIPPON HOSO KYOKAI)の歴史

1926年 

社団法人日本放送協会発足(ラジオ放送開始)

 

1945年

9月

GHQ,東京内幸町にあったNHKの放送会館ビルを接収。その4階にCIEが陣取る。

NHKに対して、番組内容のみならず、アナウンサーのじゃべり方からニュース報道、教養番組の作り方まで、細かく指示。

 

12月9日

「真相はかうだ」放送開始。反軍主義を刷り込むためのプロパガンダを放送。政策を命令したダイク局長は、「日本国民自身にも、軍国主義を許し、あるいは積極的に支持したという”共同の責任”があることを示す」と覚書を残している。これは「軍事的に戦争に参加していない一般国民の責任は問えない」とする国際法に明らかに違反する。

「真相はかうだ」は、純然たるNHK制作であるかのように偽装されていた。後にGHQのもとの宣伝番組であることがわかり、NHKに対して抗議が殺到したという。

12月11日

GHQ内部組織であるCCS(民間通信局)から「日本放送協会の再組織」の覚書が出され、NHKは独占的にラジオ放送を行うべく関係と調整を図るよう指示を受ける。

 

1946年

1月

NHKと国民代表者がその管理・運営に発信権を持つ公共機関「放送委員会」を社内結成。独占放送局成立のためのアリバイともいえる組織で、メンバーはCIEの意向をもって選出。

10月

CCSが日本憲法の交付を契機に「放送法規の見直し」を行うよう、日本政府に指示を出す。

 

1947年

6月
臨時法令審議委員会、「日本放送協会法案」を作成。会長、副会長の任免、聴取料額、聴取規約などの許可権を全て逓信省(当時の郵便、通信の管轄省)大臣が握る、とした。聴取料とはラジオ放送受信設置設備置許可免許の発行に基づき徴収される料金であり、現在の放送受信料とは異なる。

7月

逓信省、「放送事業法案」を作成。社団法人日本放送協会に変えて、政府が全額出資する公法人を設立し、ラジオ放送を独占するというもの。CCSがいびつの人間が出資する社団法人の放送独占は好ましくないとして、前述、「日本放送協会法案」に難色を示したため。あくまでもその目的は放送の一団体独占にあったことがわかる。
8月 

CCSが「日本の放送に関する政策の実施」文書(「ハウギ文書」)を作成。社団法人日本放送協会を組織変更したうえでのラジオ独占、ラジオ以外の放送の民営許可、行政府から独立した放送の規則・監督機関(委員会)の設立などを骨子とした「放送基本法」制定を提言。

10月 

逓信省とNHKに対してCSSが、ハウギ文書を基にGHQ内部で調整した、将来定められるべき関係法規の根本原則を示唆(後に文書化され、「ファイスナー・メモ」と呼ばれる)。
米国本国の「連邦通信委員会」(FCC)の理念を基にした多分に理想追求型の文書であり、放送の自由と不偏不党、公共機関と民営の二方式の放送の適当性、政府・企業の圧力排除のための聴取料による公共機関運営などについて書かれている。

 

1948年

6月 

逓信省最初の放送法案、CCSの了解を経て閣議決定、国会提出。会期不足のため継続審議。

 

1949年

3月

逓信省が、新・放送法案を作成するも国会提出見送り。

5月 

NHK「放送委員会」が、活動停滞によりGHQの承認を受けて解散。

10月 

GHQが、NHKの放送検閲をすべて廃止すると口頭伝達。

12月 

GHQとの調整を経て、放送法案を含む電波三法を閣議決定、国会提出。

1950円

4月 

「電波三法」可決。5月公布。

6月 

電波三法施行、すなわち、放送法施行。放送法に基づき、「特殊法人日本放送協会」=現在の「NHK」設立。

 

1953年 

テレビ放送開始

 

!!注目!!

GHQ=戦後 というのは大嘘でした。

第二次世界大戦前からNHKを利用して国民を騙してたのです。

死んだ祖母が戦争当時、ラジオで「もう少しで日本は勝てる。最後の踏ん張りなので、女性の皆さんは竹やりを持って戦いに臨みましょう。」みたいなことを言っていた、と言ってました。

そもそも真珠湾攻撃で日本がハワイを攻撃したからアメリカは仕方なく世界大戦に参戦したというのも嘘。戦争する準備を日本国内でも作り、戦争のきっかけを作らせていたのです。

安倍総理

 

そういえば、うちの総理はやたら韓国、北朝鮮、中国を嫌ってますね。

そして、仮想敵国として戦争の準備をしようと躍起です。

f:id:MorleyMorley:20190803192047p:plain

 

そもそもコイツ、何者なのでしょうね。

まずは身近なところから。

この男がいかに頭が悪いかを確認していきましょう。

f:id:MorleyMorley:20190803192739p:plain立派な字

f:id:MorleyMorley:20190803192751p:plain立派な字

f:id:MorleyMorley:20190803192820p:plain・・・ん?

 

確かおぼっちゃまは蹊大学を卒業してるばす・・・?

 

f:id:MorleyMorley:20190803193526p:plain

 

成蹊大学付属小学校からエスカレーター式大学入学。なるほど。

でも実際は優秀であったのかも・・・・

 

f:id:MorleyMorley:20190803194012p:plain

実は成蹊大学を卒業したのかも微妙。小泉も慶応大学を1浪して入ったが、卒業できず、そのままイギリスの大学に入学してフェードアウト。そういえば、あの人もUSCに入学してました。2年間USCを散歩して帰国。そして神戸製鋼に入社。小泉もあの人も親が大臣まで務めた方。親パワー炸裂。ちなみに神戸製鋼ではオウ〇真〇教の村井秀夫と同職。実はこの人、オウ〇とも繋がってます。闇は深いです。

 

漢字読めない人でした。

youtu.be

云々・・・・・でんでん?

youtu.be

2:00 願って已みません・・・・いません?

f:id:MorleyMorley:20190803195450p:plain

馬鹿認定。

 

youtu.be

 

韓国、北朝鮮大嫌い?

奥様の昭恵さん、森永製菓のお嬢様。

日本の代表的な菓子メーカーは大阪の朝鮮人にルーツがあり、安倍昭恵夫人の出自も朝鮮にある。Wikipediaで検索する限りそのような情報には出会わさないが、第一次安倍内閣の時、韓国の有力紙で「ファーストレディは韓国語も大変お上手で」と紹介されている。韓流ドラマが好きで韓国語をマスターしたとしているがインタービューでの発言からそれ程熱心に勉強した風もないのに朴槿恵前大統領と韓国語で会話を始めるなどは、生家が韓国語を使う環境になければそのような語学力を得るのは無理だろう。結婚前の職場も電通(社長は成田・在日)である。

 

では、本題に入ります。

安倍総理は・・・?

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」

2006年09月30日14時19分 
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
  「私は朝鮮(人)だ」--。 

  日本の安倍晋三新首相の父親、安倍晋太郎(1991年死亡)元外相が普段からこのように言ったと、世界(セゲ)日報が日本の「週刊朝日」を引用して報道した。 

  この週刊誌は10月6日付カバーストーリーで「安倍晋三研究-家政婦が見た安倍、岸3代」という見出しで安倍首相家門の内側を特集報道した。 

  岸と安倍の家門で家政婦として40年を過ごした久保ウメさん(80)は、週間朝日とのインタビューで安倍首相の父親、安倍元外相が告白した家庭の内部を比較的詳しく伝えた。 

  久保さんは「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。(安倍元外相)自らも『私は朝鮮(人)だ。朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」と回顧した。また「(政治家として周辺に)人気が高く、よってもう少し元気に活動する時間があれば、北朝鮮問題も解決したと思う。安倍元外相の死は国の損害だった」と惜しんだ。 

  この雑誌は安倍元外相は生前に安倍家の起源は10世紀くらいまで韓半島北で中国大陸にかけて存在した渤海(パルヘ)国に始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起源は明らかではないと報道した。安倍家の起源について久保さんは「安倍家の本流は青森県だ。安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今の北朝鮮ではなく、その北と吉林省の下側にあった渤海」と「11世紀平安時代の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と説明した。 

  安倍晋三首相の母方の父である岸信介元首相も安倍首相を非常に惜しんだと付け加えた。 

  久保さんは安倍首相が生まれる前から東京の岸元首相の自宅で家政婦として過ごし、今はそこを出て東京に住んでいる。 

  1924年生まれの安倍元外相は毎日新聞記者時代の1956年当時、外相だった岸元首相の個人秘書となり、その娘の洋子さんと結婚、1991年5月、首相(自民党総裁)を目前にして病気で死去している。
↑ ここはかなり大事なところなので、あとで詳しく載せます。

アメリカ合衆国

アメリカと書きましたが、語弊がありますので、「アメリカを支配してきた一部の連中」(ディープステート)についてです。

 

まずはWahington D.C.

アメリカ人にWashinton D.C.って「District of Columbia」つまり「コロンビア特別区」のことだと答えます。これはみんな知っているみたいです。教科書で習ったのでしょう。でも、何の特別区かと聞いても分かりません。

これはどこの州にも属しません。今となってはアメリカ合衆国が国家破綻してもここは関係ない、という意味にも捉えることができるかも。

南アメリカコロンビア共和国と同様、クリストファー・コロンブスにちなんだ名でここだけ別の国。1790年に作られました。

 

FRB・・・アメリカの中央銀行

創設は1913年で当時は連邦準備局と呼ばれていました。1935年に現在の名称へ変更。ワシントンD.C.に本拠地が置かれ、7名の理事(議長:副議長が1人ずつ)で構成されています。FRB議長の指名は大統領が行います。

FRBは「連邦準備制度理事会」という名称にある通り、正確には銀行ではありません。

 

FRB設立の経緯

まず1910年にJ・P・モルガンが所有するジョージア州のジキル島で全国通貨委員会の会員による秘密会議が開かれた。この密室会議の出席者は、次のようなメンバーであった。

 【FRB設立のための秘密会議のメンバー】

  • ネルソン・オルドリッチ・・・共和党上院議員で院内幹事。全国通貨委員会委員長。J・P・モルガンの投資パートナー。ジョン・D・ロックフェラー・Jr.の義父。
  • エイブラハム・アンドリュー・・・連邦財務次官。通貨委員会特別補佐官。
  • フランク・ヴァンダーリップ・・・ナショナル・シティー・バンク・オブ・ニューヨーク頭取。ロックフェラーとクーン・ローブ商会を代表。
  • ヘンリー・デイヴィソン・・・J・P・モルガン商会の共同経営者。
  • チャールズ・ノートン・・・J・P・モルガンのファースト・ナショナル・バンク・オブ・ニューヨークの頭取。
  • ベンジャミン・ストロング・・・J・P・モルガンのバンカーズ・トラスト・カンパニー社長。のちにニューヨーク連邦宇準備銀行の初代総裁。
  • ポール・ウォーバーグ・・・ロスチャイルド代理人。クーンローブ商会の共同経営者。

このメンバーの中で、中央銀行の設立に関与したことがあったのは、ポール・ウォーバーグだけだったので、実務はほとんど彼一人で受け持ったということである。

 

米国では中央銀行に批判的な意見が多かったので、ポール・ウォーバーグは中央銀行という名称を避けるように提言し、、連邦準備制度という名称に決定した.

 

12月23日というアメリカ中がクリスマスの準備で忙しい中、ジョージア州のジキル島で秘密会議が開かれ、勝手に作られたのが民間銀行であるFRBである。

youtu.be

youtu.be

 

資本主義は借金で成り立つ仕組み。

借りるためには需要がなければならないのです。

戦争もその一つであり、同時に世界を一つにする手段でもあります。

new world order

聞いたことがあると思います。

ジョージ・ブッシュがやたら連呼した言葉です。

ジョージ・ブッシュナチスの一員です。)

世界を一つに。「グローバル」これも良く聞きます。

グローバルとは地球のことです。国際社会という言葉を死語にして使い始めたのです。

「世界を一つに」

響きはいいのですが、問題は「誰がリーダーになるのか」です。

今のままではナチスがリーダーです。

 

 

なぜこんな馬鹿が総理になれたのか(1)

それは岸信介の孫であるからです。以上。

 

岸信介

f:id:MorleyMorley:20190803212705p:plain f:id:MorleyMorley:20190803212730p:plain

児玉誉士男

f:id:MorleyMorley:20190803212821p:plain f:id:MorleyMorley:20190803212835p:plain

笹川良一

f:id:MorleyMorley:20190803212938p:plain f:id:MorleyMorley:20190803212954p:plain

まずはこの三人、A級戦犯として死刑囚でした。

この三人は第二次世界大戦後のA級戦犯で有名ですが、それ以前からとんでもないゲス野郎。戦前は中国での商売仲間。アヘンを売りさばく麻薬商人。日の丸を掲げて商売していたので、現地の人は日の丸はアヘン商人のマークだと思っていたそうです。

 

この三人が巣鴨拘置所で3年間を過ごしGHQ?との何かの取引をして突然の解放。

 

児玉誉士男は根っからの右翼。麻薬で稼いだ金を逮捕される前に基に日本民主党の結党資金として提供。

 

岸信介

出所後、鳩山一郎と共に日本民主党を設立。

岸と児玉は鳩山一郎を総理にするために尽力。

 

笹川良一

国でしかできない博打商売をなぜか民間として認められる。

社団法人全国モーターボート競走会連合会、日本財団を設立。

*昔、「マッチ一本火事の元」とか言って毎日のように社会奉仕しているようなCMを流していたが、悪いことをするヤツはいいこともしていることをわざわざ表に出す。これもアメリカの寄付の真似。

 

さて、このA級は自民党を作ることに熱心になり、同時に韓国の統一教会を日本に招いている。

http://poligion.wpblog.jp/archives/5452

f:id:MorleyMorley:20190803220650p:plain

 

岸を有名にしたのは、1960年の日米安保条約改定問題です。1951年にアメリカと結んだ日米安全保障条約は10年で改定されることになっており、岸内閣の時がその時期でした。

彼は1960年1月にアメリカとの間で新安保条約を調印します。この批准手続き(国会で条約を認める手続き)をめぐっては、国会を多数のデモ隊が取り囲み、大学生の樺美智子が圧死するなどの大混乱が生じました。いわゆる60年安保闘争です。

岸は憲法が定める手続きはしっかりと守ったうえで、安保条約の批准手続きをおこないますが、納得がいかない国民の一部は岸内閣や既成制度に対する反抗を示し、安保闘争は激化していきました。

 

なぜこんな馬鹿が総理になれたのか(2)-1

安倍晋太郎の息子であるからです。以上。

岸信介も本名は佐藤信介。婿に入って岸に。

岸晋太郎も婿になって安倍晋太郎に。

ここがポイントです。( ↓ 前にも載せました。)

 

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」

2006年09月30日14時19分 
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
  「私は朝鮮(人)だ」--。 

  日本の安倍晋三新首相の父親、安倍晋太郎(1991年死亡)元外相が普段からこのように言ったと、世界(セゲ)日報が日本の「週刊朝日」を引用して報道した。 

  この週刊誌は10月6日付カバーストーリーで「安倍晋三研究-家政婦が見た安倍、岸3代」という見出しで安倍首相家門の内側を特集報道した。 

  岸と安倍の家門で家政婦として40年を過ごした久保ウメさん(80)は、週間朝日とのインタビューで安倍首相の父親、安倍元外相が告白した家庭の内部を比較的詳しく伝えた。 

  久保さんは「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。(安倍元外相)自らも『私は朝鮮(人)だ。朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」と回顧した。また「(政治家として周辺に)人気が高く、よってもう少し元気に活動する時間があれば、北朝鮮問題も解決したと思う。安倍元外相の死は国の損害だった」と惜しんだ。 

  この雑誌は安倍元外相は生前に安倍家の起源は10世紀くらいまで韓半島北で中国大陸にかけて存在した渤海(パルヘ)国に始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起源は明らかではないと報道した。安倍家の起源について久保さんは「安倍家の本流は青森県だ。安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今の北朝鮮ではなく、その北と吉林省の下側にあった渤海」と「11世紀平安時代の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と説明した。 

  安倍晋三首相の母方の父である岸信介元首相も安倍首相を非常に惜しんだと付け加えた。 

  久保さんは安倍首相が生まれる前から東京の岸元首相の自宅で家政婦として過ごし、今はそこを出て東京に住んでいる。 

  1924年生まれの安倍元外相は毎日新聞記者時代の1956年当時、外相だった岸元首相の個人秘書となり、その娘の洋子さんと結婚、1991年5月、首相(自民党総裁)を目前にして病気で死去している。
 
                            つづく